« ひょっこり。 | トップページ | 豊かな孤独 »

2021年6月17日 (木)

便利って

16日の大学院進学説明にはたくさんの方が集まってくれました。

半分以上が学外のかたで、いろいろな方に関心をもっていただけること

うれしいです。

たとえ、本学と縁がなくても、

将来、臨床の現場で一緒にクライエントをサポートする日がくるかもしれませんね。

心理職は、一生学び続け、自分と社会に責任をもっていく仕事です。

受験だけのために学んでいるなんてもったいない。

自分がめざすキャリアのために、受験期から

好奇心をもって学び続けられる自分を育ててください。

 

さて、我が家に、十何年ぶりに新車がやってきました。

H11 

 

最近の車は、いろいろ便利な機能がついてます。

ぼっとしてても前の車が止まれば勝手に止まるし、動いたら知らせてくれる。

車の周りに人や他の車などが近づいてくると警報が鳴る。

ハンドルをにぎらなくても、車線内を走行してくれる。

アクセルを踏まなくても、前の車と車間距離をあけて走行してくれる。

標識をよみとって、法定速度を教えてくれる。

便利な機能、挙げたらきりがありません。

 

だけど、こうして車は進化して便利になっっても、

それを使う人間が進化していないため、

便利の機能を楽しめるまでには、なかなかいきません。

旦那は曰く、車の自動ブレーキのタイミングが

彼の感覚と異なるらしく、

前よりも運転するのに緊張しているとか。

どおりで、私が横で話しかけても

「運転中だから」と9割無視です。

(私から見ると、アクセルもブレーキも自分で踏まないで

どこが「運転」なんだろうと思うのですが)

  

助手席にすわっていても、落ち着きません。

あっちからこっちからいろんな音が鳴ってくるし、

カーナビにもいろんな表示がでてきて、

「これなに?」「いまのどしたの?」ってなるんだもの。

 

車だけでなく、生活の中に便利がたくさん登場してます。

人間って、自己コントロール力を高めるため、

いろいろな発明をしてきたんだと思うけど、

そうした発明による便利さで、

逆に自分でコントロールするという力を弱めていってないかしら。

私、目視しながらバックで駐車するのが得意だったのに、

今やカーナビに移る映像にたよりすぎて、

目視では駐車できなくなってる気がするのです。

   

やれやれ便利というのは、実に不便だなと思います。(ま)

 

« ひょっこり。 | トップページ | 豊かな孤独 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひょっこり。 | トップページ | 豊かな孤独 »

フォト
無料ブログはココログ